アロパシー薬:薬剤とホメオパシー的解決


本日のシャルマ先生の講義は「アロパシー薬:薬剤とホメオパシー的解決」について行われました。
関節に現れる症状例として取り上げ、間節の構造、各部位の働き、関節炎、リュウマチ性関節炎などのそれぞれの炎症の特徴を基本的な部分から解説していただきました。そして炎症が起こるとはどういうことか、現代医療で処方される薬で炎症を抑え、痛みを抑えるとはどういうことかを解説していただきました。また、そういった症状によく処方されるステロイド剤が体にどんな影響を及ぼすのか、副作用と常用の危険性、対応の方法までをも網羅した解説をしていただきました。現代医療で常識的に行われている処方の誤解とその危険性を伝え、症状をよく知ることの大切さを伝える講義となりました。

午後の講義は、午前中の続きである関節炎、リウマチに関するトピックから始まりました。そこでは、関節炎に対するアロパシー的な治療の問題点とそれとは対照的にハーブを用いた治療ではよい成果が得られるという事。また、関節の疾患に 関係するスピリチュアル的な問題について詳しく教えて戴きました。

そして、後半では今回の東北大震災をテーマとして、様々な情報を与えて下さりました。 現在、日本のみならず世界中に渡っているその影響について、物理的な側面を超えたスピリチュアル的な側面からも解説して戴けたのは本当に有難い事 でした。最後に皆で行ったヒーリングも含め、いつも素晴らしい講義をして下さるシャルマ先生には心から感謝致します。 本日も非常に充実した講義をどうもありがとうございました。