研究:オルガノン§17-§33  講読:慢性病論 19P-30P 1日目


 本日のストットラー先生講義はオルガノンの格言17から33の講読を行いました。ハーネマンが伝えたホメオパシーの原理は彼の意見ではなくあくまで自然の法則を説明したものであるということ、またオルガノンを読み解く上で重要なのは初めからこれが真実であると全てを受け入れてしまうのではなく、ハーネマンが言った原理が本当に正しいのかどうか批判的な目で読み込むことが重要であると言われました。
20年以上オルガノンを読み込みながら毎回新しい発見を得るというストットラー先生の言葉にオルガノン、慢性病論の理解の重要性を回をますごとに気付かされます。