研究:オルガノン§1 – 16/慢性病論 11P - 19P 2日目


 本日のストットラー先生の講義では慢性病論の講読を行い、ハーネマンがどのようにして急性病の対処だけでは決して治らない慢性病に対処し得るレメディー、マヤズムという概念の発見、全ての病気が形を変えしてもそれはマグマのような根底の疥癬によって出てきているもので学生からの質問により発展的なLMポーテンシーの処方、 介入、マヤズムを入れた状態で悪化が起きてしまった際の 対処法などの解説があり非常にハイレベルな講義となりました。

受講者の感想

例としてケースを出して説明して下さると疑問に思っていたこと がクリアになりわかりやすかったです。先生のケースの処方を 経過とともに示して下さる日を楽しみにしています。

ストットラー先生の授業はホメオパシーの土台をしっかり勉強 しながらマヤズムやLMの処方の仕方も学べて大変役に立ち 有益なものだと思います。

ストットラー先生の講義はこれまで学んできた事のまとめの意味も含めて 充実した講義であると思います。