英語が苦手だからと諦めていませんか?

年々と厳しくなっていく英国学生ビザ取得条件。今も十分厳しいと思われて留学を断念されていらっしゃる方も多いのでは。
しかし、来年以降ビザ申請が簡単になるという事は期待できません。つまり現状としては今が一番楽であるという事です。特にそのネックとなるのは昨年度から加えられた英語力でしょう。まずは一度英語試験にチャレンジ、そこでダメでも諦めないで。
実は英国政府はそんな方の為とも言えるステューデント・ビジターズ・ビザと いうものを制定したのです。これは事前のビザ取得なく、最大半年間(英語学校の場合11か月)英国で学業を行えるというものです。
英語が今クリアできないという方もこの方法でとにかく留学開始、RAHUKに通いながら半年かけて英語を鍛えて試験に再挑戦し、晴れて正規学生ビザ取得という流れもあるのです。諦めないで是非、夢に向かって一歩踏み出してみてください。

短期留学 自然療法入門コースはこちらへ

2年制・英国フルタイムコースはこちらへ

ステューデント・ビジターVISAについて

社会

日本国籍者が英国で6か月までの留学を行う場合、ステューデント・ビジター・ビザにより入国します。このビザは、日本国内で出発前に申請・取得 する必要がありません。イギリスへの入国審査時に必要書類を提示しステューデント・ビジターとしての入国が許可されます。期間は最長6カ月以内となっており、それ以上の期間はステューデント・ビザ(Tier4)を申請しなければなりません


査証(ビザ)

日本国旅券

英国への留学に際しては、渡英前に英国大使館発行の査証(ビザ)の取得が必要ですので、ご本人による手続 きをお願いします。

必要な査証(ビザ)の種類は、学生査証(STUDENTビザ:Tier4)となります。査証(ビザ)申請時には、入学許可後にお送りする「RAH英国校からの入学許可証」が必要となりますので、ご注意下さい。なおRAH英国校は、留学生が英国への入国審査を申請する場合の条件である英国教育 水準局の認定校に登録されております。

査証(ビザ)の申請が許可されず、留学が不可能となった場合は、授業料は全額お返しします。ただし、入学金については、クーリングオフ期間内の返金はお受けできますが、クーリングオフ期間終了後 の返金は致しかねますので、ご了承下さい。

査証(ビザ)の申請が許可されず、留学が不可能となった場合で、CHhomへの入学をご希望の方は、CHhom事務局へご連絡下さい。

当校入学のための英国学生ビザ取得には基礎的な英語力(CEFR B1以上)を証明する必要があります。これはIELTS、TOEFL、ケンブリッジ英検などのレベルによって証明されます。必要のある方はしっかりと準備してください。


ステップ1 (出発の約4ヶ月前までに)

日本または英国にて学校説明会に参加したり、 学校見学、資料請求をして内容の確認をしましょう。

パスポートをまだお持ちでない方は事前に手配をし、既にお持ちの方は留学に必要な期限まで有効であるか確認しましょう。

留学先のイギリス、ロンドンに関する情報も収集しましょう。
参考:英国大使館 / 英国政府観光庁

ステップ2 (出発の約3ヶ月前までに)

入学願書、必要な書類を提出しましょう。

入学手続き書類到着後、授業料を振り込みます。振込み確認後、CAS(入学許可書)が発行されます。入学を早く決定された方には、入学金の早期割引の特典があります。(期日までに入学手続きの完了した方に限ります)

ステップ3 (出発の約2ヶ月前までに)

英国大使館で入国許可証(ビザ)申請手続きを行います 。(ビザを取得できるまでに1か月以上かかるケースもありますので、余裕を持って行ってください)
参考:日本国籍者の学生ビザについて

入国許可証が発行されたことを確認した上で、航空券を購入してください。必要に応じて、海外傷害保険への加入、クレジットカードの発行申し込みをします。

英国での滞在先を決めましょう。ロンドンでの住まいが決まっていないと不安かと思いますが、最初はB&Bや学生寮、ホテルなどに滞在し、こちらに来てから下見をしてフラット(アパート)を探す方法が一般的です。
※RAH英国本校では学生寮、B&B等の手配を行っております。(手数料がかかります)