「ホメオパシー的生き方セミナー」 講演会

スピリチュアリズムの国イギリスで、待望の「ホメオパシー的・死に方セミナー」が開催されました。年に一度のとらこ先生ライブ講演会とあって、会場となったロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー英国本校がいっぱいになるほどの大盛況。ずっとこの日を待っていた参加者の方々が真剣な眼差しで見守る中、ロンドン初の「ホメオパシー的・死に方セミナー」が幕を開けました。

いかに死ぬかということは、いかに生きるかにつながります。とらこ先生が「生」と「死」を見つめるきっかけとなった話や、様々な死に直面した経験からのお話など、どれも大変興味深く、開演当初から参加者を引き付け、ご自身が潰瘍性大腸炎にかかり「私は一度死んで生まれ変わった」と話をされ、以後は”魂のホメオパス”として生きる決意「今後の人生はホメオパシーにささげようと思った」と熱く語られました。また、レメディと六道輪廻の関連や、臓器と惑星、鉱物の関係など、参加者の皆さんも真剣にメモをとられておられました。後半はマテリアメディカに話が及び、わかりやすく、簡潔に、関連するレメディについての解説を行いました。

参加者の中には医療関係者などもいらっしゃり、多くの質問が飛び交いました。参加された方の中には「ずっと由井先生ご本人に会いたかったので大満足です」と興奮されていた方や、由井先生に会えて涙される参加者もいて、1年に一度のロンドン講演会は大好評のうちに幕を閉じました。

様子・参加者アンケート抜粋

2007-10-21

とらこ先生の内面の光を見せていただけた素晴らしい講義でした。魂のホメオパスに近づけるよう、心身の向上に精進していきたい。また、とらこ先生の使命がある程度目途がついてきたら、思いっきり自由に野原で楽しんでいただけるような時間を安心して過ごせるような世の中に少しでも貢献していきたい。

念願がついに叶って満足です。「由井先生の講演を生の声で聴いてみたい」ホメオパシーには大変関心を持っております。機会がある毎にぜひ先生の講演には参加させて頂きたいと思っております。改めてありがとうございました。

今日はありがとうございました。死に対しての受け止め方が少し変わりました。

いつもDVDで拝見していた寅子先生の生の講演をきくことができて大変嬉しかったです。いつも通り素晴らしいお話でした。

TORAKO先生の生き方に感銘しました。表面に出るのが苦手の私ですが、それでもいいのだという自覚が強く持てました。

初めてのホメオパシーを視聴できて嬉しく思います。生き方・死に方は人間として永遠のテーマ、今までの私の人生では出会えなかった事でしたのでとても刺激になりました。

死に方セミナーという事でどんなこわい話を聞かされるのかちょっと気がひけながらの参加でしたが、霊的な話になり、霊的な生き方を学ばせていただき、ためになりました。ありがとうございました。