ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル ウォーターエンハンサーの体験です
投稿日: 2006/02/28(Tue) 00:02
投稿者女性・31・金沢市・とらのこ会

この前、枕のしたにウォーターエンハンサーを敷いて寝てみたら、朝1番のトイレが素晴らしかった。色が濃い、臭いの強いおしっこが出て、頭に敷いたのに体の水がきれいになってることを実感できた。腎臓がしっかり働いてないと、尿が出ていても老廃物が出ていないこともあり、そんな時は体が重い。いい尿がでると、老廃物が出たおかげでうちももが細くなったり、顔が白く透明感が出たりする。というわけでエステ中も活用している。

エステのお客様から聞いたやり方で、化粧品を置いてみたら、ホメオパシーのスパジリックシリーズでさえまろやかになる。自分に合わない化粧品を置いてたら前より合うようになったという体験も出ているし、スパジリックシリーズならなおさらいいのかも、と思って実験してみたらやっぱりよかった。

洗顔後、お顔にあててたら肌がポカポカつるつるしてくる。自分はエステをする側なので誰かしてくれないかな〜って思うのだけど・・マッサージの気持ちよさはないけど体の水の組成と流れをウォーターエンハンサーでよくしたり、有害物質をノックアウトさせておけばかなりいいかもしれない。これはしばらく続けてみよう。森ホメオパスは、ウォーターエンハンサーのベッドを作ると言っていた。もし作るなら私の分も作ってもらうことにしよう。

森ホメオパスは水へのこだわりぶりがすごい。私もパイウォーターの時代から水にこだわっていたのでお互いに共通の趣味の分野であり仕事の一環でもあり、ウォーターエンハンサーの出現(?!)でさらに水への感心が高まっている。ベンベニスト博士の「水の記憶事件」(ホメオパシー理論を裏づけするのでアカデミー界から猛烈な批判を浴びた研究)の本が発売され、森ホメオパスも興奮気味にこの本を読んでいた。いいね、いつも楽しそうで。

うちは外食もなんだかんだと多いので、ウォーターエンハンサーは外出時にも必需品だ。携帯にもじゃまにはならないし、デザインも波動グッズらしくなく素敵。食事に神経質になる必要はないけども、いろいろ実験してみたい私には必需品となっている。料理も成分ではなく想いからなので、なるべく美味しく食べるようにしているが、たまに「??」な味を感じるときは大活躍!薬品くささが抜け、口がただれることもない。食品中の有害物質の波動が無害化され味がよくなるらしい。このおかげで何かを食べて文句をたれることもなくなった。これは一緒に食事している相手にとって良いことだし、何より自分自身が美味しく食べればそれが脳に体にこころに栄養となる。文句をたれず美味しく食べる、は運がよくなる秘訣だと思う。(実際、愛情をもらいながら食事をする子供のほうがそうでない子供に比べよりミネラルの吸収がよくなると食事の先生もおっしゃっておられた。ちなみにミネラルが足りていると情緒が安定するそうです。)

こんな風にいろいろ使い方はあるけど、また面白く実用的な使い方が見つかったら報告します。


管理人
再び貴重な情報提供をいただきありがとうございます。
投稿していただいたのは、ホメオパシーセンター石川金沢に併設されているエステサロンをされている森さんです。ありがとうございます。
ところでウォーターエンハンサーですが、製造元の引っ越しに伴い、製造できない状況がつづいておりました。ご迷惑おかけしてもうしわけありません。3月4日入荷の予定となっております。今しばらくおまちくださいますようお願いいたします。