ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル 気付いてみれば義弟や義父母に対してのどろどろととぐろを巻くようだった怒り・恨みがいつの間にか消えていたケース
投稿日: 2006/02/14(Tue) 11:19
投稿者女性・32・鳥取市・一般

ホメオパシーと出会って一年半がすぎました。
最近少し思うことがあり、投稿させていただきます。

レメディの効果はいろいろ感じているのですが、中でも私にはスタフィサグリアが必要だったように思います。
結婚して7年になりますが、初め私は夫の両親と同居していました。
ところが義弟・義父母とうまくいかず、結婚二年目に同居を解消しました。
その後も農家の長男である夫にたいして、同居できない自分を申し訳なく思う反面、「向こうが悪い!」と許せない思いが強く、「もう一度同居するなら離婚する」と思いつめていたほどでした。
ホメオパシーと出会い、義弟や義父母に怒りを感じるたびにスタフィサグリアを舐めました。
そのときすぐに怒りがおさまるのではないため、「効かない」とがっかりしつつも、なぜか舐めることをやめずにいました。
と、去年の中ごろふと「もうそろそろ夫の実家にもどろう」と思っている自分がおり、気付いてみれば義弟や義父母に対してのどろどろととぐろを巻くようだった怒り・恨みがいつの間にか消えていました。
そのときに思ったことはレメディのおかげで怒りが憎しみや恨みに変化せずにすんだんだ、ということでした。
その後も怒りや悲しみを感じる場面は生活の中でたびたびありますが、そのたびに「レメディを摂っておけばこの感情がこじれたり、凝り固まったりしないんだ」と思いながら感情に応じたレメディを摂っています。
そしてとうとう、先月から義父母との同居を再開することができました。
楽しそうに祖父母と遊ぶ子供たちを見ていて、本当に嬉しく、ありがたく思います。
これからもホメオパシーの助けを借り、母親としても人間としても成長していきたいと思っております。
ありがとうございます。

由井先生
劇的に変化する場合もありますが、長い間心と体に染みついたこだわりは、簡単にはなくなりません。レメディーをとって変化がないように感じても、細胞レベルの心では変化が起こっておりますから、やがて自分の心も変化してくるものです。それまではいろいろな出来事に右往左往するたびにレメディーをとられてください。気がついたら自分が変わっていたというのは、一番よいプロセスです。母親として人間として成長できたのは、あなたの心をかき乱してくれる人がいたからですね。人が人の鏡となり、人が自由になるために、誰もが一役演じなければなりません。これもホメオパシーです。かき乱される心がほどけたら、その分人は自由に幸せになることができます。よかったですね。

管理人
貴重な体験談ありがとうございます。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)