ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル ホメオパシーによる歯のケア
投稿日: 2015/12/18(Fri) 20:56
投稿者男性・アメリカ・一般

25年前の交通事故や虫歯治療で神経のない歯や差し歯(セラミック)がたくさんあります。残りの健康な歯を大切にしていますが、差し歯の下に隠れた歯をどのようにケアしてよいものか、レメディでケアできるのではと考えています。神経のない歯のために良いレメディがありましたら教えて頂きたいです。
現在、病院や歯医者さんに気軽に通えない土地に赴任していまして、レメディキットを購入しました。風邪や虫刺されなどにも対応してくれてとても重宝しています。たまに神経を抜いた歯や差し歯の歯茎が痛むことがあり、hepar sulphで対応しています。現在、神経がないのに噛むと歯茎がジーンと痛み、heparをとっても痛みが収まらない歯があるのですが、このような神経のない歯のトラブルに良いレメディがありましたら教えて頂けますと助かります。(乾燥で鼻の中に傷があったのですが、hepar sulph摂取後に良くなったのでheparそのものは効いていると思うのですが、どうもhepar sulphが今回の歯根痛にヒットしていないように思います)年末に差し掛かりお忙しくされていると思います。お時間が出来ました時でかまいませんので、アドバイスどうぞよろしくお願いします。


<管理人コメント>

ホメパシーの手引きJ「歯」(ラビ・ロイ&カローラ・ラゲ・ロイ著)の中に「歯と口の手入れ」の章があります。
そこでは、ホメオパシー歯石予防や歯肉のケアに野いちごからできたフラガリアが良いとあります。

ホメオパシージャパンで販売されているマウスウォッシュは、このフラガリアエキスはじめ、神経系に対応するハイペリカムエキス、除菌・抗菌効果の高いカレンデュラエキス、歯全般の問題に対応するプランターゴのエキスのミックスがベースになった上に、口中にお勧めのレメディーのコンビネーションが入っていますので、日頃の口腔領域のケアに最適かと思われます。
また、私自身、最近、急に歯と歯茎の間にしみる痛みがあり、歯を磨く時も響いたので、サポートHaguroという、マザーティンクチャーとレメディーのコンビネーションを500mlの水に20滴ほど垂らして摂ったら、1日でおさまりました。

神経を抜いた歯や差し歯の歯茎が痛み、Hepar sulphで痛みがおさまらない時、ティッシュソルト(生命組織塩)の一つであるMag-phos 12Xをぬるま湯に溶かして、ゆっくりと一口ずつ飲むと和らぐのではないかと思います。

今まで、交通事故や歯の治療もされてきて、様々な要因も考えられます。プロのホメオパスによる相談会を受けられますと、根本的なケアができますし、日本ホメオパシーセンター本部では、スカイプでによる相談会も開催されていますので、一度、ホメオパスにかかられる事も検討されてみては、と思います。


ご参考にして頂けましたら幸いです。