ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル 後頭部を強打したケース
投稿日: 2005/08/24(Wed) 19:41
投稿者岩手県・女性30歳

[2004年11月26日(金)]

6ヶ月の次男が病院の診察台から落下し後頭部を強打してしてしまいました。病院で起こった出来事なのですぐ対応してもらえるものかと思ったら、しばらく様子を見ないとわからないと言われ家に帰りました。頭を打ってから1時間近く経っていたのですがアーニカ30cを5分毎に2回与えると、それまで泣かずに怯えていた次男がぎゃーっと泣き始めました。その後ホメオパスの本江先生に電話し、アコナイト、ストロモニュームを与えてみてと助言を頂いたのでその通りに与えてみると、強張っていた表情がみるみる和らいでいきました。その後病院の検査を受けると異常なしでした。その夜は3回くらい恐怖を思い出してか、泣き叫びその都度ストロモを与えました。次の日には何事もなかったように元気に遊んで笑顔も見せてくれました。 ホメオパシーに出会っていて本当に良かったと心からおもいました。そして、本江先生、本当にありがとうございました。 今回の件で旦那がホメオパシーを信じはじめてくれたことがちょっとした成果(?)でした。

由井先生
よかったです。各地に認定ホメオパスがいることは心強いと思われますし、又お母さんが勉強して基本、キッズトラウマ、バイタルエレメントキットなどをうまく使っていくことで子供が健康をたもっていけると思います。
子供が頭を打って脳に負荷がかかっているかどうかは伝えきれないし、外からの観察ではわからないこともありますので、まずアーニカは子供に与えることが大切ですね。ちなみに土をいじくってけがをして傷口に土がついたときも同じように破傷風に合う、ハイペリカムを与えておくことが大切です。

管理人
貴重な体験談ありがとうございます。恐怖と痛みを感じない方向へ行ってしまうか、その場で解決するかで、その後の人生も大きく変わってしまうと思うとき、やはり、近くにホメオパシーセンターがあることや応急キットがあることは大切と思います。