ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル 5歳の娘が線香花火の火の玉を60センチぐらいの高さから素足の足の甲に落としてしまい、皮膚に5mmぐらいの焦げ後がつく火傷をしてしまいました。
投稿日: 2010/07/24(Sat) 20:53
投稿者女性・兵庫県・とらのこ会

5歳の娘が線香花火の火の玉を60センチぐらいの高さから素足の足の甲に落としてしまい、皮膚に5mmぐらいの焦げ後がつく火傷をしてしまいました。
 「火傷には熱を」というのを聞いたことがあったのですぐに冷やさずちょうど入浴時間だったこともあり40度ぐらいのシャワーで灰を流しカレンデュラ、アーニカをとりました。カレンデュラJも全身にさっとスプレーしました。シャワーで流すうちにこげた部分が浮き上がったようになり、 カレンデュラJを入れたお湯に足をつけましたがだいぶしみる状態でした。
 灰のついた皮膚はめくれてしまい、白っぽい皮膚が見えていて、市販のハイドロコロイド材で覆いました。
 ヒリヒリするとのことでカンサリス、カレンデュラを2回ずつリピート、火傷が深そうなのでコースティカム、アーセニカムをリピートして火傷周囲にはお手製のカレンデュラJ入りみつろうクリームを塗ってあっという間に寝てしまいました。
 今まで色んな病気はレメディーで乗り切ってきたのですが、今回火傷は初めてなので、この先クリームとレメディーで乗り切ることができるのか心配しております。アドバイスをいただければと思います。体験談でも火傷の体験は少なく、これが何かのお役に立てればと思います。


管理人
熱には熱ですが、火傷には、40度のぬるま湯よりも、蒸気をあてる方が本当は効果的です(そのときは痛いですが、少しの我慢です)。その後の対処はよかったと思います。今後は、クリームとレメディーで大丈夫と思います。カレンジュラJを薄めた液も有効と思います。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)