ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル 豚インフルエンザが大騒ぎになってきました。免疫力を上げるのが大事でしょうが、他にも対策はありますか?
投稿日: 2009/04/28(Tue) 13:02
投稿者女性・32・片縄・RAH学生

豚インフルエンザが大騒ぎになってきました。
免疫力を上げるのが大事でしょうが、他にも対策はありますか?
インフルsetも良いですか?
homeopathy3年目ですが、今年はインフルエンザも花粉症も無縁で快適に過ごしています


管理人
まず免疫を低下させるワクチンを接種しないこと、急性の発熱症状などを薬剤で抑圧しないことが大切です。
YOBOキットから、インフルエンザに合うレメディー、インフルエンザイナム、オスシロシコナイナム、ユーパトリューム、ジェルセミュームなどで予防プログラムを実行すること、Rx Chroni-inf、ウィンターセット、サポートHaiなども、万一に備え用意されておくとよいでしょう。
またインフルエンザの特効薬になるのではないかと昨年秋に沖縄の新聞や週刊誌で取り上げられ話題になった沖縄の栴檀(センダン)から作られたレメディーがあります。豚インフルへの効果のほどは、わかりませんが、ご希望の方は、ホメオパシージャパンまでご注文ください。ポーテンシーは6Cと30Cがあります。販売期間は5月末とのことです(注:上述したとおりレメディー化したセンダンがインフルエンザに合うかどうかは定かではありません)。

JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)のホームページにも豚インフルの記事が紹介されていますのでご参考にされてください。http://www.jphma.org/topics/topics_70.html

また、上記HP上に、JPHMAジャーナルに掲載された論文「伝染病と流行病に対するホメオパシー」(文:ジェイ二―・ゴッダード Homeopathy in practice spring 2009より和訳) がとても興味深い内容となっています。合わせて読まれることをおすすめします。http://www.jphma.org/topics/topics_img/pandemic.pdf
その一部を紹介します。

「*1918**年 スペイン風邪についての概要*

スペイン風邪に対するホメオパシーの効力を証明する最も説得力のある歴史的なレポートは、1921年「米国ホメオパシー協会ジャーナル(The Journal of the American Institute for Homoeopathy)」に掲載された。この長いレポートは、多くの信頼できる情報源と当時の優れた医師達の貢献によって証明されている。
その中の一人、オハイオ州デイトンのT.A.マッカーンによると24,000件の風邪の症例において、アロパシーでの死亡率が28.2%だったのに対し、ホメオパシーの26,000人のグループはわずかに1.1%だった。」
「多くの患者を亡くしたピッツバーグの病院の医者が、看護士に自分よりもっとよい方法を知っているかと尋ねた。「ええ、先生。アスピリンをやめてホメオパシー薬局へ行ってレメディーを買ってくることです。」「しかし、あれは、ホメオパシーではないか?」「そうです。でも私が看護したホメオパシーの先生は一人も死なせませんでしたよ。」(W.F.エドムンドソン、医学博士、ピッツバーグ)
インフルエンザ自体より、直接的または間接的に死亡の原因になった薬がある。よく知られた薬だ。サリチル酸にはアスピリンの歴史が刻まれている。今日、サリチル酸の鎮静作用については知られていない。有害な点は2つある。間接的な作用としては、アスピリンは衰弱を促し、肺炎を引き起こす。(フランク・L・ニュートン、医学博士、マサチューセッツ州サマーヴィル)
アスピリンとその他のコールタール製品は、不要な死の原因として追及されるべきである。どこにでもあるアスピリンは最も有害なドラッグである。痛みを素早く抑えることで欺いているまやかしである。いくつかの症例において、アロパシーが心臓を弱め、バイタルフォースを押さえつけ、軽い症例でも死亡率を上げ、回復を遅らせる。全ての症例で症状を隠し、治療可能なレメディーの選択を困難にした。おそらくアスピリンは、どの病気にも関係のない治療薬であり、禁止するべきである。(ガイ・ベックリー・スターンズ、医学博士、ニューヨーク)
350件中、1人が死亡したが、それは私のところに来る前の24時間に100粒もアスピリンをとった女性だった。(コーラ・スミス・キング、医学博士、ワシントンDC)
私は1000錠のアスピリンの箱をもらったが994個は不要だった。6個ぐらい与えたと思う。他に代わりがなく、レメディーも少ししか残っていなかった。私はいつもGels.とBry.を与えた。これらを最初に与えれば、治らないことはほとんどなかった。例外は、患者が薬局にアスピリンを買いに行かされた場合で、こうなると患者は肺炎に近づいていった。」


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)