ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル 頭痛と風邪のケース
投稿日: 2005/08/24(Wed) 10:14
投稿者札幌市・女性

[2003年08月20日(水)]

ワインを飲んだ次の朝激しい頭痛がしました。(ワインで頭痛を起こしやすい。量はそうでもない)歯も痛くなってきました。頭痛は右側だったし、旅行から帰ってきたばかりで疲れてもいたので、Ars.を取ってみました。あまり改善せず、痛みと言うことでMag−pを。頭痛は改善しました。しかし、徐々に歯の痛みは増し、そのうち、微熱も出始めました。風邪のひきはじめは不調になるので、Acon.を(若干改善)とってみましたが、今ひとつピンとこないので、レメディーノートで探ると、風邪ー歯の痛みでGelsemiumが。試してみると、歯の痛みはするする消えていきました。(熱は微熱で、休むと下がる程度だったのであまり気にしていませんでした)しかし、風邪と歯の痛みという関連も不思議ですが、これはブルーピングでわかることなのでしょうか?しかし、ホメオパシーを知ってから、私は熱を恐れなくなりました。

管理人
貴重な体験談ありがとうございます。基本的に各レメディーの特徴(人物像・症状像)というのは、プルービングして得られるものですが、ホメオパスの経験というものも含まれている場合もあると思います。