ホメオパシー 体験談紹介
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [体験談投稿ページ]

タイトル 熱にPhosを使ったケース
投稿日: 2005/08/24(Wed) 10:09
投稿者宮城県・女性

[2003年08月10日(日)]

5歳になる息子の熱の体験談です。
保育園の年長になる息子が七夕お遊戯会の前日に熱を出しました。前日の朝、ちょっと調子悪そうな感じだったので、熱をはかったら、37度。アコナイトを飲ませ、一応保育園に行きましたが、やはり、会社について30分で電話がきました。
すぐに迎えにいき、家に着き、熱をはかったら、38.8度。
夜7時まで、何種類かレメディをあげたけれど、なかなかヒットしなかった。鼻も喉もなんでもない。汗も出ない。明らかに風邪ではないと判断。明日がお遊戯会だから?と、考えて、本人に出たくないか尋ねたら、行きたい。出たいとの事。明日の事ではないらしい。根本がPhosなのでこれは根本で行くしかないかな?と。とりあえず、お友達のRAHの学生さんに電話をして話しを聞いてもらったら、Phosの性格の事がここ1週間で起きていた。人に気を使ってあれこれ、悩む。そして、本当はその日は埼玉から主人の父が家に来る予定だった。それで、私は家の掃除や買い物etc.と、この1週間家に帰ってきてから、息子にかまってあげていなかったのを思い出し。。電話を切ってから、すぐにPhosを飲ませた。1時間くらいしたら、頭が痛いと泣いて訴えてきた。私も頭痛もち。いつもマグフォスでは効かず、オピューム。
オピュームを取り、3時間くらいいっしょに寝ながら頭に手を当てていた。夜中12時過ぎ、おしっこを寝ながらしてしまい、それを片付けていて、ふっと頭を触ったら、だいぶ下がっていた。熱をはかったら、37度。そのまま寝て朝起きたら、36.8度まで下がった。無事に保育園に行き、お遊戯会に参加。
もう、熱は出ず、元気に遊んでました。
お遊戯会を見た私の母は「なんか大人になったみたい」と、一言。それをRAH学生の友達に伝えたら、Phosのキーワード「成長」
なるほど!!と、納得してしまいました。成長時、リンの不足がおこる。奥が深いホメオパシー。すごいな〜と思いました。
ホメオパシーを知らなければ、きっと長引いてお遊戯会に出られなかったと思うし、こうして、いろんな事を考える事をしなかったんだろうな。。と思います。ホメオパシーに出会って、ほんとに自分に向き合ったり、家族に向き合ったり、相手の事を観察することが出来て、人と付き合うのがすごく楽になってきている自分がいます。もっと勉強したいですね。

管理人
貴重な体験談ありがとうございます。賢い母さん、ホメオパシーですね。