[リストへもどる]
一括表示
タイトル5歳の娘が線香花火の火の玉を60センチぐらいの高さから素足の足の甲に落としてしまい、皮膚に5mmぐらいの焦げ後がつく火傷をしてしまいました。
記事No3405
投稿日: 2010/07/24(Sat) 20:53
投稿者女性・兵庫県・とらのこ会
5歳の娘が線香花火の火の玉を60センチぐらいの高さから素足の足の甲に落としてしまい、皮膚に5mmぐらいの焦げ後がつく火傷をしてしまいました。
 「火傷には熱を」というのを聞いたことがあったのですぐに冷やさずちょうど入浴時間だったこともあり40度ぐらいのシャワーで灰を流しカレンデュラ、アーニカをとりました。カレンデュラJも全身にさっとスプレーしました。シャワーで流すうちにこげた部分が浮き上がったようになり、 カレンデュラJを入れたお湯に足をつけましたがだいぶしみる状態でした。
 灰のついた皮膚はめくれてしまい、白っぽい皮膚が見えていて、市販のハイドロコロイド材で覆いました。
 ヒリヒリするとのことでカンサリス、カレンデュラを2回ずつリピート、火傷が深そうなのでコースティカム、アーセニカムをリピートして火傷周囲にはお手製のカレンデュラJ入りみつろうクリームを塗ってあっという間に寝てしまいました。
 今まで色んな病気はレメディーで乗り切ってきたのですが、今回火傷は初めてなので、この先クリームとレメディーで乗り切ることができるのか心配しております。アドバイスをいただければと思います。体験談でも火傷の体験は少なく、これが何かのお役に立てればと思います。


管理人
熱には熱ですが、火傷には、40度のぬるま湯よりも、蒸気をあてる方が本当は効果的です(そのときは痛いですが、少しの我慢です)。その後の対処はよかったと思います。今後は、クリームとレメディーで大丈夫と思います。カレンジュラJを薄めた液も有効と思います。

タイトルRe: 5歳の娘が線香花火の火の玉を60センチぐらいの高さから素足の足の甲に落としてしまい、皮膚に5mmぐらいの焦げ後がつく火傷をしてしまいました。
記事No3412
投稿日: 2010/08/01(Sun) 15:30
投稿者女性・45・富山県・一般
http://www.rah-uk.com/case/wforum.cgi?no=3405&reno=no&oya=3405&mode=msgview&list=new
を拝見しての感想です。

管理人氏から
>熱には熱ですが、火傷には、40度のぬるま湯よりも、蒸気をあてる方が本当は効果的です(そのときは痛いですが、少しの我慢です)

とこのようなアドバイスをなさっていますが、あまりにもひどすぎ、かわいそう過ぎます。
あなたは、やけどをしたときに、蒸気を当てたことがありますか?
幼児は、親に頼るしかありません。どんなひどいことを行っていてもです。
逃げることの出来ない子どものために、なにとぞ、「すぐに冷やす。化膿した場合は、すぐに病院に行く」とのアドバイスを投稿者の方にしてあげてください。


管理人
幼児は親に頼るしかないというのは全くその通りですね。書き方が悪かったと思います。申し訳ありません。親がちょっとの辛抱だよ、そうすると早くよくなるからね。と言って安心させてから、まずほんのちょっとあるいは、蒸気から遠く離れたところから、お子さんの様子を見て我慢できない以上は蒸気を当てないようにしてやられると、このこと自体がトラウマになってしまうということもないと思います。
「すぐに冷やす」というアドバイスは残念ながら私としてはできません。それがいかに治癒を遅らせ、結果として長い間お子さんが苦しむことになることを知っていますし、火傷の痕が残りやすくなってしまうかを知っているからです。ぬるま湯につける方がまだよろしいと思います。とは言っても火傷は冷水で冷やすのが常識となっていますので、信じられない気持ちもわかります。まずはご自分が火傷されたときに試されてみるとよいでしょう。私自身はホメオパシーと出会う前は火傷はいつもこの方法で治していました。

タイトルRe^2: 5歳の娘が線香花火の火の玉を60センチぐらいの高さから素足の足の甲に落としてしまい、皮膚に5mmぐらいの焦げ後がつく火傷をしてしまいました。
記事No3413
投稿日: 2010/08/01(Sun) 15:39
投稿者女性・兵庫県・とらのこ会
No.3405でアドバイスをいただきありがとうございました。カレンデュラJでつくったクリームを塗って、カンサリス、アーセニカム、パイロジェン、ハイペリカム、リーダムを様子を見ながら使っていい調子です。
 ここ最近レメディーを使う機会がたくさんありました。

 3歳の息子は急に食欲がなくなって腹痛水様便があり、周囲でも胃腸炎が流行っていたのでYOBOキットからPol、基本キットからはIp、Hyper、Nux−v、Sulphなどを使いました。思い通りに行かず泣いたりすることも多かったので、Staph、Puls。それでも腹痛だけが最後まで残っていたのでバースキットからRXIchoを使ってようやく食欲も戻って元気になりました。
 もうひとつ、砂利がひいてある駐車場で遊んでいて額を1cmぐらい切ってたんこぶっもできてしまってArnをリピートしてもまだ少しずつ流血状態でした。
 バースキットを思い出してBellis-perennisを使うと自然と出血もおさまっていました。
 私はめばちこができたのですが、知人の鍼灸・整体の先生はめばちこにはChamというのですがChamで変化なく、すでに上まぶたの内側が真っ赤だったのでユーファラジア、Hep,Pulsで日に日に赤い範囲が限定されてきて、そこから膿が出てきて3,4日で治っていきました。
 どれもこれも大事に至らず経過したのもホメオパシーのおかげです。ありがとうございました。本当に感謝しています。


管理人
貴重な体験談ありがとうございます。いろいろとご活用されており、嬉しく思います。

タイトルRe^3: 5歳の娘が線香花火の火の玉を60センチぐらいの高さから素足の足の甲に落としてしまい、皮膚に5mmぐらいの焦げ後がつく火傷をしてしまいました。
記事No3416
投稿日: 2010/08/02(Mon) 20:18
投稿者男性・50・神戸市・一般
私は、機械工学の内「熱学」で修士を拝している者ですから、蒸気の特性に関しては、熟知しております。
その立場から、ご忠告申し上げます。
こちらに書かれています、
http://www.rah-uk.com/case/wforum.cgi?no=3405&reno=no&oya=3405&mode=msgview&list=new
> 蒸気をあてる方が本当は効果的です(そのときは痛いですが、少しの我慢です)。
ですけれども、ヒトに対して、蒸気を当てたら、確実に火傷します。
したがいまして、「管理人」様のご指導は、刑法の傷害罪の教唆に該当します。
撤回いただくよう、よろしく、お願い申し上げます。


管理人
貴重なご意見ありがとうございます。火傷という現象は、多くの場合、大量の熱(赤外線の塊)を浴びることによって生じます。しかし大量の熱とは言っても何をもって大量とするのか、という問題があります。火傷という現象を分析するにあたり赤外線の量だけではなく、時間の概念が必要になることは誰でもご理解いただけると思います。すなわち、ある一定時間内にある一定量以上の赤外線を浴びた場合に火傷するということです。ですから蒸気からの距離と蒸気にあてる時間によって火傷を回避することが可能です。
最初にそのことが書かれていなかったので、お詫びと補足説明をさせていただいた次第ですが、改めてこのようなご意見をいただき、もう少し補足する必要があると思いました。
まずお母さまがご自分でどれくらいなら大丈夫そうかを確認されて、それよりも確実に安全と思われる距離と時間でやってあげたらよろしいと思います。また沸騰前に止めるか沸騰後少し時間をおいた蒸気がより穏やかと思います。
それにしてもこのようにご心配してくださる人がいるというのは有り難いことです。今後とも何か気になることがありましたらよろしくお願いいたします。

タイトル火傷に蒸気を当てるという方法について
記事No3428
投稿日: 2010/08/07(Sat) 16:07
投稿者女性・37・埼玉県・RAH卒業生(ホメオパス)
火傷に蒸気を当てるという方法について

通常、火傷をしたら冷やす、というのがいわゆる"常識"ですので信じられないのは当然だと思います。

私もはじめて聞いたときはびっくりしました。
ハーネマンのオーガノンを読んでいると、同種の正しさを証明するために、火傷の時の対処の違いによるその後の経過の違いがたくさんの例で紹介されています。

1つのわかりやすいケースは、
〜両手を火傷した人が、片方の手は火傷に似た症状をおこすテレビン油というものに浸し、もう片方の手は冷水で冷やしたところ、テレビン油に浸した手は30分で回復し、冷やした方は6時間たっても痛みが続きました。この手を少しの間冷水から手を出すともっとひどい痛みを感じ、テレビン油を使った方の手と比べて、治るまでにかなり長い時間がかかった〜

そこで、私も、料理中に火傷をした時に、半信半疑で蒸気に当てる、という方法を試しました。(あくまで同種、なので全く同じものではよくならない、お湯で火傷したらお湯ではダメ、ということ)
火傷しない程度の蒸気に火傷をした指を当てたのは、2〜3分くらいです。
(どれくらい当てたらいいのかわからなかったので。1分くらいでもいいのでしょうか?)
その後も少しヒリヒリしていましたが、次の日になるとすっかり火傷したことを忘れていました。
普段なら必ず水ぶくれになるのに、水ぶくれにもならず、赤くもなく気づかなかったのです。
そういえば、火傷したんだった!と思い出し、触ると少しヒリヒリしますが、何もしなければ痛みもありません。
そこに、Cクリームを塗って、2日後には痛みも違和感も全くなく、もちろん痕もなく治りました。
自分で実際に試すことで、火傷をした時に、火傷しない程度の蒸気を当てることで早くきれいに治る、ということを多くの驚きとともに身をもって実感しました。


管理人
貴重な体験談ありがとうございます。
ホメオパシーと同じく、両方経験してしまうと自明になってしまってうまく伝えられなかったりしますが、とてもわかりやすい説明をありがとうございます。

タイトルRe: 火傷に蒸気を当てるという方法について
記事No3435
投稿日: 2010/08/13(Fri) 23:01
投稿者女性・41・千葉県・とらのこ会
やけどの時の同種療法について

私も、ホメオパシーでの治癒のしかたに経験があります。
調理中、鍋に親指の付け根のあたりで触ってしまい(ジュッ!といったかんじ)、今までなら水につけるところを、思い立って、もう一度熱くなった鍋に近づけ、(5秒くらい)すぐにカレンデュラ、しばらくしてカンサリスをとりました。いつもなら次の日水ぶくれができていそうなのに、赤っぽくなっていたものの、痛くもないし、痕も残りませんでした。びっくりしました。この時が初めての経験で、それ以来このやり方で助かっています。


小林先生
体験談をありがとうございます。
私自身もあやまって足に熱い湯をかけてしまった時に、ストーブのそばにしばらくかざしてみるということをやってみましたら、数時間後にはやけどをしたことを忘れてしまうという経験をしました。
やけどしてしまったというときには患部に熱を閉じ込めず、CanthやApis、カレンデュラのクリーム(スパジリック ビーC)などをファーストエイドとして使ってほしいですね。

管理人
貴重な体験談ありがとうございます。

タイトルRe^2: 火傷に蒸気を当てるという方法について
記事No3436
投稿日: 2010/08/13(Fri) 23:11
投稿者女性・47・神奈川県・RAH学生
やけどしたところに熱!なんて、「そんなこと絶対に嫌!!」ですよね。
私もずっとそう思って「いくら同種療法がいいといっても。それだけはできない」と思っていました。
でも、こないだ火を消したばかりのガスコンロの五徳をうっかりつかんでしまってものすごいやけどをした時、あまりの痛さに治りたい一心で、思い切って試してみました。
めちゃくちゃ痛くて、蒸気を沸かす余裕もなく、ガスの火を小さくつけて、その上でやけどした部分をひらひらとあぶってみました。
ノリやたたみいわしをあぶる感じで…。
そうしたら、ますますひりひりして(当然ですよね)泣きたいぐらいでしたが、それでもしばらくあぶり続けたら、ある時「すっ」と嘘のようにヒリヒリが治まったのです。
もうそれはびっくりしました。
全く痛くなくなったので…。
しかし、またしばらくするとヒリヒリ痛みだして…。
あぶってはやめ、あぶってはやめ、を10回ぐらい繰り返したでしょうか?
全然痛くなくなるまでやりました。
そうしたら全く痕にならず、水ぶくれもできませんでした。
その前の週に、火にかけたフライパンにさわってしまった時の腕のやけどは、大したやけどでもなかったので何もせずに放置したら、いまだに痕が残っていますが、それよりはるかに重症だった五徳にぎりのやけどの方は、全くきれいになっています。
あぶる距離や時間は自分の感覚で、やけどしない程度に(ノリやたたみいわしが焦げない程度?!)がポイントかと思いますが、「熱には熱」を体感・実感しました。
ご参考まで。


管理人
貴重な体験談ありがとうございます。

タイトルRe^3: 火傷に蒸気を当てるという方法について
記事No3442
投稿日: 2010/08/24(Tue) 12:46
投稿者女性・49・スイス・とらのこ会
我が家では,醤油と塩をやけどの部位にしばらく付けておくと、よく効きます。もちろん付け始めは痛いですが、こどもたちも親が自信をもって処方し,本当に効果があるのを経験しているので,今では自分でやります。ちなみに以前、水で冷やす方法をとっていた頃は、更に水ぶくれがひどくなりました。


麻野先生
体験談に投稿いただきありがとうございます。
火傷にそういう治し方もあったのかとびっくりしました。たしかにしみそうですね。
ホメオパシーではCanth、Calenをまずとってください。
またビーワックスCクリームはCalenが入っていますので、やけどしたところに塗ってください、改善がはやくなりますよ。

管理人
貴重な体験談ありがとうございます。

タイトルこのように違いをみて、予防接種や薬剤の影響があるに違いないと確信しています。
記事No3453
投稿日: 2010/09/02(Thu) 12:39
投稿者女性・兵庫県・とらのこ会
No.3405の者です。
 順調に化膿することもなく火傷は治りました。
 ホメオパシーを本格的に始めて3年になりますが、今報道でいろいろと言われていて残念です。
 うちには3人子供がいますが一人目は予防接種もすべて受けました。2人目はBCGだけ受けました。3人目は全く受けない予定です。子育てのたびにホメオパシー療法の病気の捉え方のほうが体にとって自然であると身をもって感じたからこのような育て方になってしまったのですが・・。
 一人目では手足口病、突発性発疹、中耳炎、気管支炎など毎月のようになっていました。でも2人目はBCG接種後熱や湿疹がでて、風邪を引くと呼吸器の炎症が強く出ましたが手足口病や突発性発疹、中耳炎にはなりませんでした。
 3人目は今4ヶ月ですが乳児湿疹もわずかに出るぐらいでお肌もスベスベ、元気にそだっています。
 もちろん自分も自然な流れで病気を治すようにしたら、体がすごく楽になりました。レメディーは自然な流れで病気を治すための手段のひとつではないでしょうか?
 ホメオパシーを知らない人にはホメオパシー療法=レメディー=科学的根拠がないというように捉えられているんだなと思いました。
 このように違いをみて、予防接種や薬剤の影響があるに違いないと確信しています。西洋医学とホメオパシー療法では治癒の仕方が全く逆なので、幼少期からどっぷり薬剤漬けにすると、体は病気の本当の治し方すら身についていないと思います。そして一度薬剤が入ってしまうと本当の治し方ができる体に戻るのにすごく時間がかかるんだと実感しました。
 西洋医学の医者でも下痢は止めないほうがいいとか鼻水は止めないほうがいいという考え方になってきているのだから、治療している医者自身が一番不自然さを感じてるのだと思います。
 世間にもっとホメオパシーでの病気の捉え方や人間本来の治癒の仕方が浸透すればいいと思います。


管理人
貴重な体験談ありがとうございます。
凍傷の場合にはいきなり温めると指が壊疽してしまうので、雪で手を擦って徐々に常温にするのが常識ですが、火傷の場合は冷水につけるとよくないですが、ぬるま湯に漬けたのはよかったのかもしれません。なにはともあれ、順調に火傷が治ってよかったです。
それから、ホメオパシーとアロパシーの違いに関するコメントは、実体験に基づくもので説得力があります。
この体験談を読まれて、ホメオパシーに対する見方が変わる人がいることと思います。ご投稿ありがとうございます。