The Japan Royal Academy of Homoeopathy, UK(RAHUK)とは?

2006年9月にロンドンにて開校、日本人の方を対象にしたホメオパシー専門学校です。

RAHUKは、

著名な講師から世界最高水準のホメオパシーと英会話を2年間学ぶことができ、資格取得を目指すフルタイムコース

一般の方も参加できる豊富なオプショナルコースをはじめ、初心者の方でもホメオパシーをより詳しく学び、慣れ親しんでいただくための短期講座やイベント

を設け、優秀なホメオパスの輩出と、更なるホメオパシーの普及を目指します。

英国本校の校舎

The Japan Royal Academy of Homoeopathy
13-15 Canfield Place,
London NW6 3BT

電話:+44 (0) 20 7644 9265
FAX:+44 (0) 20 7644 9261
Eメール:info@rah-uk.com

英国学生ビザTier4(Highly Trusted)取得校

オフステッド(教育水準局)「Ofsted: Office for Standards in Education」の監査報告書(Inspection Report)はこちら


学校の沿革はこちら

学校概要

後世に残るホメオパスを育成し、現代に適応したホメオパシー、医原病、病理を十分に教えていくことを基礎においた、教義に捕らわれないホメオパシー専門の学校です。また、教育・育成面でホメオパスという治療者としての発展に 対しても重きをおき、ベースが整った人材の輩出を目指します。

副学長には『予防接種は果たして有効か』の著者でも有名なトレバー・ガン氏が就任、ホメオパシー医学からみた深い洞察に富んだ解剖・生理・病理の講義をしています。また、ドイツ語で書かれたハーネマンの原典から忠実に実践しようという流れ、ハーネマニアンの最先端を走る、ハーネマン研究の第一人者であるエワルト・ストットラー氏が徹底的にハーネマンのホメオパシーを講義します。また、日本語の逐次通訳付きで、英語が堪能でない方でも安心して講義への参加が可能です。(英会話コースも併設しています)

講義の内容・様子はこちら